産業色彩技術協会

日本語 / English
お問合せ
一般社団法人産業色彩技術協会は、塗料塗装業界の進歩と発展を目指します。
イメージ

楳図かずお訴訟にみる塗装と景観利益 「#2 景観利益」 

 では、この「景観利益」とはいったい何なのでしょうか。 「景観利益」が認められた訴訟としては「国立マンション訴訟」が有名です。 東京・国立市で中堅マンション分譲業者の「明和地所」が14階建て(高さ44メートル)のマンションを建設しようとしたところ、古くから景観保護に力を入れてきた国立市が、当該マンションの建築確認とタイミングをほぼ同じくして、高さ20メートルを超える建物の建築を制限する「高さ条例」を施行。 その結果、対立の構図は裁判所にまで持ち込まれ、ついに地元住民を原告、明和地所を被告とする裁判へと発展。そして、この第一審(東京地裁)では「完成しているマンションの20メートル超(7階以上の)部分の撤去」を命じるという異例の判決が言い渡されました。

「地権者が互いの理解と自己犠牲によって景観を守り、それによってその地域に付加価値が生み出されているような場合には、地権者は良好な景観を維持する義務とともに、景観の維持を求める法的利益を有する」

良好な景観の恩恵を享受する利益のことを景観利益と定義し、景観利益を初めて裁判で認めたのでした。

その後、この裁判は最高裁判所まで持ち込まれましたが、最終的には、地元住民の敗訴で終わっております。最高裁は、「良好な景観の恩恵を受ける利益は法的保護に値する」として景観利益は認めたものの、「利益が法的に侵害されたと言うためには、法令や公序良俗に反するなど、社会的に認められた行為としての相当性を欠く程度のものでなければならない」と利益侵害や法令違反のないことを指摘しています。
 現在、最高裁判例において景観利益侵害が認められたケースはありませんが、転ばぬ先の杖、是非とも頭の片隅に入れておいていただきたいものです。

…次回「#3 塗工と景観」へ続きます

2015.07.01

五十嵐丈博のコラム

ページのトップへ戻る